家族

授乳服が快適な生活を左右する|ストレスフリーなものを選ぼう

紫外線対策の必需品

赤ん坊

専用のものを選ぶ

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、紫外線による影響も大人と比べて大きくなってしまいます。これを防ぐには帽子や肌を覆う衣料などで肌を守っていく対策も必要ですが、日焼け止めも紫外線防止の対策となります。しかし、一般的な日焼け止めは赤ちゃんには向いていません。なぜならば、SPFとPAの効果が高いものが多く、防腐剤や香料などの赤ちゃんにとって余計な成分が含まれている可能性があるからです。赤ちゃんに使う日焼け止めは、その年齢でも問題なく使える専用のものを選んでいくのが最適です。肌に優しい成分で、程よく紫外線から肌を守ってくれるものがちょうどいいです。赤ちゃん専用の日焼け止めは、ベビー用品専門店のお店や通販からでも購入できます。いろいろな商品があるので、成分表示などを確認してから購入していくのがおすすめです。

選びたいポイント

赤ちゃんの日焼け止めは、生後3ヶ月以上から使っていくのがベストです。生後3ヶ月未満は外出をなるべく控えておいた方がいい時期となるので、日焼け止めを使う必要もまだありません。肌が露出する部分に薄く塗っていき、お湯や石鹸で落とせるタイプであることが求められます。肌馴染みがよく、赤ちゃんが舐めても問題のない安全な成分であることも必要です。赤ちゃんのために選んでおきたい日焼け止めは、紫外線を鏡のように跳ね返す働きのある紫外線散乱剤の成分が含まれているものです。これは低刺激な成分となり、肌への負担が軽い特徴を持ちます。また、紫外線を抑える効果のSPAやPAが高いものも、肌への負担を招いてしまいます。紫外線防止の効果が弱くても、デリケートな肌を守っていくのが最優先です。赤ちゃんの年頃は極力紫外線に当てないように心がけ、予防策として日焼け止めを使っていくのが理想的な使い方になります。